TAKUMI建築設計室
TAKUMI ARCHITECT STUDIO
top  profile  concept  works  history  schedule  fee  contact link

  

Sタイヤ工業・リサイクルセンター新築工事
用途:    一般廃棄物処理施設(廃タイヤ)
建築場所:  大阪府内
竣工:    
2011年6月
構造:    鉄骨造
規模:    地上2階建て
延べ床面積: 
305u 
 
廃タイヤからリサイクル燃料や原料を製造する中間処理を行う施設の新築工事。
1階はタイヤを切断する作業場スペースと搬入物の積替保管場所及び切断後の処理品置場であり、搬出入トラックからのリフトによる積み降ろしを建物内で行う為、1階の階高を高くする必要があった。
また近隣への配慮から作業場内の音を伝えにくい外壁として吸音・防音効果のあるALC版を使用したり、換気を行うルーフファンの内側にチャンバーボックスを設けるなど工夫した。
一般のごみ処理施設ではないが施設柄、悪いイメージがある為、とにかくそれを払拭し清潔感を出すために外壁は白色とし、またその外壁を汚れから守る為に、庇の出を大きく伸ばし、外壁に陰影をつくり、奥行きのあるファサードとした。
長い年月が経っても、出来たときの清潔感を保ち続け、世の中に受入れられ易い施設となることを願う。



正面ファサード




1階作業場


 

事務室


 

エントランスホール






TAKUMI建築設計室 一級建築士事務所 〒634-0078奈良県橿原市八木町3丁目3-40 tel・fax0744-48-6030 
 ©2009-2014 takumi architect studio all rights reserved